鼠径ヘルニアとは|鼠径ヘルニアは手術で治療することができる

鼠径ヘルニアとは

ナース

鼠径ヘルニアってどんな病気なの?

ヘルニアという病気は体の一部分が本来あるべきの位置から外れた場所に飛び出してしまっているような状態のことを言います。これがそけい部分にみられるのが鼠径ヘルニアです。鼠径ヘルニアを発症すると腸の一部や腹膜といった体の内部の組織が飛び出し、そけい部の一部が盛り上がったような状態になります。

主な症状

鼠径ヘルニアの初期段階ではあまり目立った症状は起こりません。何かしら反動のついた動きをしたときなどにそけい部の一部が少し膨らんだ状態になりますが、初期段階では気づきにくく放置してしまう人がほとんどです。この症状が進んでくるとだんだん盛り上がりが大きくなり、ひどくなると臓器自体が飛び出してくるようになります。この段階まで症状が進んでくると痛みも出てきます。

どんな人が発症しやすいのか

鼠径ヘルニアは中年の男性が発症しやすい病気だと言われています。これは年齢を重ねることにより体の組織の働きが弱まってしまうためだと言われています。また女性よりも男性の方が発症しやすいようです。これには鼠径管の大きさが関係していて、女性に比べると男性の方が鼠径管のサイズが大きくなるため発症しやすいと考えられています。

手術方法について

鼠径ヘルニアは放置していて自然に治ることはありません。むしろ放置していると症状が進行してしまい、嘔吐をともなう「カントン」という症状を引き起こしてしまうこともあります。鼠径ヘルニアは手術で治療していくのですが、鼠径ヘルニアの手術には「クーゲル法」や「ポリソフト法」といったいくつかの方法があります。いずれの手術方法も腸が腹膜を圧迫するのを防ぎ、出てこないようにするものになります。

広告募集中