鼠径ヘルニアの種類|鼠径ヘルニアは手術で治療することができる

鼠径ヘルニアの種類

お腹

外鼠径ヘルニア

一般的に鼠径ヘルニアというとこの外鼠径ヘルニアのことを指します。この外鼠径ヘルニアは生まれたばかりの幼児から成人といった様々な年代で発症する可能性のある病気です。症状があらわれる場所としてはそけい部の外側が膨張してきます。

内鼠径ヘルニア

内鼠径ヘルニアは、中高年の男性がよく発症する鼠径ヘルニアです。外鼠径ヘルニアよりも若干内側の鼠径三角と呼ばれる部分から腸が押し出されてきます。

大腿ヘルニア

大腿ヘルニアは女性に多い鼠径ヘルニアです。外鼠径ヘルニアや内鼠径ヘルニアはそけい部に症状があらわれるものでしたが、大腿ヘルニアは名前の通り太もも付近に症状があらわれます。この大腿ヘルニアは鼠径ヘルニアの中でももっとも厄介だと言われていて、すぐにでも治療を始める必要がある緊急性の高いものです。

鼠径ヘルニアの治療について

鼠径ヘルニアにはそれぞれの年代で発症する可能性のあるものや特定の年代や性別で発症するものがあるということがわかってもらえたかと思います。次に鼠径ヘルニアの治療についてよくある質問をみていきましょう。

鼠径ヘルニアに関する疑問

鼠径ヘルニアは自然に治癒するものですか?

鼠径ヘルニアには「外鼠径ヘルニア」「内鼠径ヘルニア」「大腿ヘルニア」の3つの種類がありますが、いずれも自然に治ることはありません。鼠径ヘルニアを治す最もスタンダードな方法は手術になります。

広告募集中